一人暮らしをもっともっと楽しもう!

一人暮らしで注意すべき節約方法とは

一人暮らしを始めるタイミングは大学進学や就職がメインになります。
大学生は学校もあるためアルバイトも限られ、社会人も入社したての頃は給料も安いため、一人暮らしを始めてから遅かれ早かれ節約を意識せざるを得なくなります。
節約の第1ステップとして、まずは1か月の生活費を把握するためにも家計簿を付けることから始めましょう。
第2ステップとしては自己の生活状況を踏まえて支出を顧みた際、どのようなカテゴリーでの支出が多いのかを確認します。
ここで言うカテゴリーとは、例えば、食費、光熱費(電気、ガス、水道)、通信費、家賃、医療費、生活雑貨費、被服費、美容費、娯楽費などが該当します。
光熱費や家賃はほとんど固定されてくるため、これらの費用を減らすのは難しいでしょう。
では何を減らすべきでしょうか?最も注意すべき支出は娯楽費と通信費であるケースがほとんどです。
特に通信費はスマートフォンが普及してから高くなりがちな傾向にあります。
インターネット契約とスマートフォン利用料をまずは見直し、あまり使わない場合は格安スマホ等を有効的に利用しましょう。

簡単にできる一人暮らしの節約術

ずっと実家暮らしをしていた人が一人暮らしを始めると、諸経費の多さに驚かされるのではないでしょうか。
水光熱費の他に、食費や生活用品など、羽が生えたようにお金が飛んでいきます。
そんな一人暮らしの出費を少なくするための、いくつかの節約術をご紹介しましょう。
まず、一人分の食事を作るのは材料費が割高になってしまいますが、安い時に材料を購入して、1回分ずつの小分けにして冷凍保存しておくと、使いたい時に使いたい分だけ使えるうえに割安です。
また、生鮮食品なら、閉店間際に買いに行くのが良いでしょう。
料理をする時は、火にかける調理器具の水分をしっかり拭き取り、鍋底から火がはみ出さないように火力を調節すると、効率よくガスの火力が利用できます。
トイレのタンクには、ペットボトルを沈め、水量を調節すると、水道代の節約になります。
どれも、簡単にできることですが、積もり積もると1か月に数千円をセーブすることが出来るでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

高級マンションを東京で探す

最終更新日:2017/9/7

\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>

最終更新日:2017/1/24

トップへ戻る▲